【緑が会話を生み出す空間】~いい商談を設計する~

「グリーンのジャングルにしたい」

クライアントからは当初からこんなご要望が立っていました。

今回ご紹介する案件は、多店舗展開する不動産オフィスの売買専門店舗の空間デザインをさせていただいたものです。

不動産の売買に関する商談というと、どうしてもカチッとしたシックなイメージの空間になりがち。

本件は女性社長の運営する会社ということもあり、女性目線、子供目線でも居心地の良い空間を丁寧に紡ぎあげました。


住宅をメインに売買の商談が成される場合、やはり鍵を握るのは奥さまです。

大事な契約を取り交わす空間が、緊張を和らげる空間になったらどうなるだろう?

クライアントの社長とは、あらゆる顧客のパターンをシミュレーションしながら素材を決め、インテリアエレメントを決め、そしてグリーンのイメージを決めていきました。

心地よく商談を終えたお客様が「ここの不動産に仲介を頼んでよかった」と思って帰ってもらえるような、そんな空間になっています。



例えば、小さいながらもトイレにはおむつ替えシートを備えつけたりキッズスペースを設けたり、小さいお子様が話し合いに飽きてきて動き回ってもいいようにゆったりめのソファ席を用意したり投資不動産をメインに商談を交わされるお客様には、商談画面が見えにくいように設計しお客様が入りやすく、話をしやすい空間を目指すなど、あらゆるパターンを想定して設計しました。

また、今回取り入れたグリーンは全て弊社が事業開発とブランディングに携わった『NaturalPowerPlant』というブランドを取り入れています。

新開発されたキットを使っているため、土を使っていません。

メンテナンスもしやすく、通常の植栽に比べて枯れにくい植栽として採用しました。



グリーンは人の心を癒します。

これは科学的根拠にも基づいている事実です。

グリーンを身近に施すことで、弾みにくい会話が弾んだり

緊張しやすい空間を和らげる効果があります。

昨今のコロナ禍において、非常に需要が増えていることもうなずけます。

この先、もっとグリーンと人が介する空間が増え、人が自然に想いを馳せる時間を増やすことができれば、世の中がもっと明るくなるのではないでしょうか?

今回は、そんな提案の大きな一歩目となりました。


デザイン&設計:Atelier36.5℃

施工:株式会社accamplish

https://accamplish.com/

撮影:株式会社アンズフォト

http://www.anz-photo.com/

Atelier36.5℃

インテリアデザインオフィス Atelier36.5℃のポートフォリオサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000