【共にデザインする】

「バリエーションを変えたらどうなるか?」

床や、壁の素材ひとつ変えるだけで

受け取る印象が変化する空間デザイン。

バリエーション豊かに提案することはよく求められます。

こうして、綿密に仕上がり確認を共有するプロセスを経て

出来上がった空間は

もはやお客様が共にデザインした空間となります。

お客様の発想やイメージをいかに抽出して

アウトプットするか。

そこも空間デザイナーの大切なスキルと捉えています。

Atelier36.5℃

インテリアデザインオフィス Atelier36.5℃のポートフォリオサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000