遊び心を滲ませるオフィスづくり

システムの開発会社である株式会社テイクファンシステム様のオフィスをデザインしました。

“SE(システムエンジニア)のイメージを覆すような印象を入り口に創りたい。”

“遊び心を滲ませた空間づくりをしたい。”

“会社に帰ってきたくなる、落ち着きや安心感を感じるオフィスづくりをしたい”

このような要望をかみ砕きながら打ち合わせを重ね、お客様と何度も話し合いながら

ブランディングを意識しながらの空間デザインを行いました。



オフィスの顔となる入り口の造り込みには、力を入れました。

向かって正面のニッシンイクスの化粧木をあしらった受付は、データのグラフをイメージさせるよう凹凸を敢えてちぐはぐにつくりながらも、第一印象には温かみとワクワク感を抱かせるデザインにしました。

社名の愛称が伝わりやすいように、頭文字だけ浮き文字で目立たせてみました。


左壁面には、社員と社長の皆さまで考えていただいた会社の理念、社のモットーを英文化し

装飾としても機能しながら会社の想いを壁に刻むことで、新しく来る新入社員さんも含めた

社員の働く想いを束ねるキーポイントとなります。

もう一つの遊び心として、壁の巾木部分に小さなプランターをあしらいました。

季節ごとに変わりゆく植物の変化も楽しめます。


顧客や新入社員の面接に使われる会議室。

会議室にもクライアントやこれから一緒に働く社員のワクワク感を掻き立てるために、遊び心をあしらっています。

全体は木のかおりで統一しつつ、デザインチェアとカラーマネジメントを行うことで

落ち着きの中に遊びを感じてもらうことができます。




Atelier36.5℃

インテリアデザインオフィス Atelier36.5℃のポートフォリオサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000